新宿武蔵野館

 

KIMG0031

最終観賞作「彼女の人生は間違いじゃない」

初めて観賞した作品は定かではありませんが、ページをほじくり返すと、2011年辺りから行っていたようです。その当時は横須賀在住、仕事は横浜の時期で、基本的に観る量はTOHOシネマズ上大岡が多く、未だシャンテシネマライズシネスイッチ銀座などのミニシアターを中心に作品を漁っていたのかも。ただ東日本大震災の影響は避けられないですね、TVを見限り始めた時期と符合する。

KIMG0064

ここではありませんが「100,000年後の安全」「フードインク」の次に「ヤバい経済学」を観ているから、そこから通うようになったのでしょう。その次が「ちいさな哲学者たち」で、翌年は「パーフェクト・センス」シネマカリテとホームページはリンクしているし、姉妹館という位置づけ(のハズ)。2015年の「ピエロがお前を嘲笑う」からご無沙汰したのは、入っているビルの改装があったため。

KIMG0022KIMG0042

“殺人的な暑さ”はできるだけ避けたいのに、「彼女の人生は間違いじゃない」観賞のため来るしかなかった。自分のページをざっと漁ると、座席指定が導入されたのは「ブラック・シー」からのよう。もはや気にする人はいないけど、記しておかないことには。シリアスな「黄色い星の子供たち」もプログラムとして“らしい”ですけれど、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」なんて他のシネコンが上映しそうだった。

改装後はキレイになっていたし、アミューあつぎ映画.comシネマで上映されそうもなく、テーマが“行くしかない”と思わせる作品なら重い腰が上がる。ま、「パターソン」が決定済みなので、8月末までに暑さが引いてくれるのを祈るのみ。年末に「サンバ」みたいなのを上映してくれると、1年の締めとして悪くないんだけど。今後はどうなっていくのやら。行けば里帰りにもなるんだけど。
(8/3/2017)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。