新宿武蔵野館

 

KIMG0031

最終観賞作「彼女の人生は間違いじゃない」

初めて観賞した作品は定かではありませんが、ページをほじくり返すと、2011年辺りから行っていたようです。その当時は横須賀在住、仕事は横浜の時期で、基本的に観る量はTOHOシネマズ上大岡が多く、未だシャンテシネマライズシネスイッチ銀座などのミニシアターを中心に作品を漁っていたのかも。ただ東日本大震災の影響は避けられないですね、TVを見限り始めた時期と符合する。

KIMG0064

ここではありませんが「100,000年後の安全」「フードインク」の次に「ヤバい経済学」を観ているから、そこから通うようになったのでしょう。その次が「ちいさな哲学者たち」で、翌年は「パーフェクト・センス」シネマカリテとホームページはリンクしているし、姉妹館という位置づけ(のハズ)。2015年の「ピエロがお前を嘲笑う」からご無沙汰したのは、入っているビルの改装があったため。

KIMG0022KIMG0042

“殺人的な暑さ”はできるだけ避けたいのに、「彼女の人生は間違いじゃない」観賞のため来るしかなかった。自分のページをざっと漁ると、座席指定が導入されたのは「ブラック・シー」からのよう。もはや気にする人はいないけど、記しておかないことには。シリアスな「黄色い星の子供たち」もプログラムとして“らしい”ですけれど、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」なんて他のシネコンが上映しそうだった。

改装後はキレイになっていたし、アミューあつぎ映画.comシネマで上映されそうもなく、テーマが“行くしかない”と思わせる作品なら重い腰が上がる。ま、「パターソン」が決定済みなので、8月末までに暑さが引いてくれるのを祈るのみ。年末に「サンバ」みたいなのを上映してくれると、1年の締めとして悪くないんだけど。今後はどうなっていくのやら。行けば里帰りにもなるんだけど。
(8/3/2017)

イオンシネマ海老名

KIMG0026KIMG0040

最終観賞作「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」

日本最古のシネコンと思っていたら、Wikipediaによるとチネチッタ川崎の方が早いみたい。今を去ること22年前、「フォレスト・ガンプ/一期一会」を観たことは明確に記憶している。当時は横須賀在住で、現在住んでいる実家から帰る途中に位置していたことになる。売店のスタイルはアメリカン風で、ホットドックに玉ねぎのせて食べられたりしたのかな?あまり劇場で飲み喰いしないからよく覚えていないけど。

KIMG0034KIMG0064

隣接するTOHOシネマズ海老名ができるまでは独占状態で、入っているショッピングモールもマイカルで、名前はワーナーマイカル・シネマだった。記憶を頼りにしているので不正確ながら、海老名駅周辺もずいぶんと変わったものだ。ショッピングモールが3つになって、人も増えたし。ただこの劇場にはもうなくなってしまった映画館の重要な“名残り”がある。

それは古い人にとっては“当たり前だろ”のデカいスクリーンとブッ飛ぶ音響。「シドニアの騎士 第九惑星戦役 THX上映会」で音響監督が解説してくれたけど、深く頷いてしまいました。単純にスピーカーを変えるだけではダメで、箱がしっかりしていないと無理なんだって。また「ジェーン」でも触れてますが、スクリーンが大きい映画館は入りが厳しい。

KIMG0047

有名どころのシネコンはIMAXを宣伝しているけど、一旦捨てた選択肢(デカいスクリーン)を取り戻そうとしているのだと思う。「君の名は。」は5回観ましたが、ココでの観賞がベストだった。とても“家の設備では追いつかない”視聴環境は備えているし、あとは上映作品次第。平日に来ると往時を知っているだけに寂しくなりますが、意外にしぶとく存続するかも?アミューあつぎ映画.comシネマだって日曜日にはちゃんと入っているし、2度目の「BLAME!」は決定済みだし。

(6/29/2017)

TOHOシネマズららぽーと横浜

KIMG0031KIMG0008.jpg

最終観賞作「海辺のリア」

夜勤明けで来ることもあり、3本立てで観たことも。都内のシャンテで上映される作品をやってくれることが来館頻度を上げている要因(「シークレット・オブ・モンスター」など)。ショッピングモールの規模としては県内でも有数じゃなのかな?川崎のラゾーナもとにかくだだっ広い。ココに比べると海老名のららぽーとは、シネコンが入っていない分小規模ということになるのか。

横浜市のこの一帯に関してはまるで土地勘もなく、たまーに来ては映画だけ観てさっさと帰る。いたたまれなくなって、川崎へ移動ということもある(「あの日の声を探して」)。買い物といってもオッサンが眺めるべき店などないしね。開館前に来る時は3本立てになるケースが多く、帰る頃はとっぷり暮れてる。ただどーもシネコンは観賞作も込みで記憶に残らない。
KIMG0006 KIMG0008
東京よりは近く、上映作品が来させるシネコン。ついでながらこの近辺は「チチを撮りに」「彼らが本気で編むものは、」のロケに使われたと思う。ロビーも広く、プレミアスクリーン(「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」「JAPAN IN A DAY ジャパン・イン・ア・デイ」の時)も充実で、IMAXも導入している。ひょっとすると都内のシネコンより天井が高い分、広く感じるのかも。

 

KIMG0013

ショッピングモール内の店舗に行くとかしていれば、劇場と作品が同時に記憶されていたかもしれないが、「アメリカン・スナイパー」「誰よりも狙われた男」「ゼロの未来」など内容は明確に覚えているのに。経由する町田駅など、現在住んでいるド田舎と比べようがないくらい人の数は多い。では賑やかで羨ましいかといえば逆。まさに“住めば都”のたとえ通り、また神奈川県に住みますか?と問われれば、今の棲み処で十分です、映画館も間に合っているので。4,5年前には考えられなかった。
(6/17/2017)

チネチッタ川崎

KIMG0011KIMG0005

最終観賞作「BLAME!」

Wikipediaを参照すると、JR川崎駅ビル内にあったチネBEも系列なのだそう。確か観に行ったハズだが、作品が思い出せない。自分のページで確認できるのは「告発のとき」くらいまでで、観賞時にまさかそのチネグランデがなくなるとは思っていなかったに違いない。その事実さえも「サードパーソン」観賞時にメモしておかなかったら、辿ることもできなくなっていた(記憶を機械に依存し過ぎている)。

劇場の閉館に注意にするようになったのは、シネセゾン渋谷閉館に出くわした時くらいから。横須賀在住の時はチョッと足を延ばす程度の距離だったが、今となっては距離が約90km、電車を乗り継ぐと2時間43分を要する(Googleマップ参照)。ただし、現時点では“無理な空間の隔たり”と嘆くほどではない。もっとトシとったら分からないけどね。

後発のTOHOシネマズ、109シネマズができる前は独占市場で、それ以前のこのエリアについては全く不明。独自路線の作品上映だから「エージェント・ウルトラ」「ザ・ガンマン」などが拝めた。2015年№1の「Dearダニー 君へのうた」とか「はじまりのうた」など忘れがたい。新趣向の“東亜重音7.1ch LIVE ZOUND”に釣られて「BLAME!」もわざわざ行った甲斐ありの1本。

KIMG0015

自動券売機が大勢を占める中、ココでは直に売ってくれる。若い人が違和感を感じなくなるまでは続くかもしれない。ライヴハウスのクラブチッタは1度だけ行ったけど、遊び場としてまだまだ機能しているのか?大田区の人もこちらに足を運んでいるみたいだし、賑やかさはブルク13周辺の桜木町に負けず劣らず。よく地下街で前売り券を買ってたのもずいぶん前か。
(5/30/2017

TOHOシネマズ新宿

KIMG0097KIMG0089

最終観賞作「ネオン・デーモン」

新宿で観賞する場合、ハシゴすることは多々ある。新宿武蔵野館新宿シネマカリテかシネマート新宿で小品、ココか新宿ピカデリーか新宿バルト9で大作といった感じか。2015年の開業だから新しいし、最新上映スペックはだいたい備えている。でもだいたい小さい方のスクリーンで観るんだよね。ただし3DIMAX仕様の「マッドマックス/怒りのデスロード」にはぶっ飛ばされた。

KIMG0100

同日に「攻殻機動隊 新劇場版」「コングレス未来学会議」と合わせた3本立てとは、“まだ観賞する体力があった頃”として今後記憶することになるかも。ホントにトシとっていて、自分のページ、Wikipediaを使って辿っているとは情けない。外部記憶があるのが幸か不幸か。ただ使い方はそれほど的外れでもないでしょう。だっていい加減さに身を委ねたら際限なく・・・。

閑話休題「帰ってきたヒトラー」はけっこう入っていて驚き、「ネオン・デーモン」の時は土地柄を思い知らされた。近場で火事があろうと、パチンコ店前に並んだ行列は微動だにしなかったもんね。いつ行ってもウラDVDの店に連れて行かれそうになるし、朝の9時から中国人観光客がゾロゾロ歩いているし。他のお行儀の良い立地のシネコンと一線を画す。ビルから顔をのぞかせているゴジラが目印。
(5/15/2017)

新宿シネマカリテ

KIMG0064 KIMG0073

最終観賞作「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」

新宿武蔵野館の姉妹館という位置づけなのかな?Wikipediaによると開館は2012年。2014年の「おとなの恋には嘘がある」の時に初めて来たような。思い出話が続いて恐縮なんですが、前売り券を買ったココをパスして、シネマライズ「しあわせはどこにある」を観ているのが2015年。似たような作りのシネマート六本木(「容疑者、ホアキン・フェニックス」)も今はないんだよな。

KIMG0031

新宿駅から最短で来られる映画館で、「ナイトクローラー」は今となってはなぜここまで来たのか?なんですけれど、「コングレス未来学会議」「エクス・マキナ」はなんとなく“らしい”気がする。そうそうドゥニ・ヴィルヌーヴの珍品「複製された男」などはロビーが狭いもんで、混み合っちゃってたな。今30代だったら常連になっていたかもしれない。シャンテで上映される作品が一般受けするようになったし。

KIMG0061

「ヒッチコック/トリュフォー」アミューあつぎ映画.comシネマが上映していたし、2時間以上かけてやって来る理由が、もはや東京になくなってしまった。ただし、浮き足立ってしまう「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」のような品があれば別。入口にしても、地下に降りていく階段にしても清潔で、雑居ビルの中にあった前の“ミニシアター”とはエライ違い。やはり映画と映画館にまつわる記憶は大切ですな。

アミューあつぎ映画.comシネマ

KIMG0076 KIMG0064

最終観賞作「オリーブの樹は呼んでいる」

どんな風に出会って、通うようになったかは、既にアチラに書いております。また観賞のたびにしつこくアピールしていると思う。トシなもんでTOHOシネマズのCMには辟易で、上映前にクタクタになるという有様。もっともそんな状態からコチラに来ると、映画館、それもミニシアターだなぁ、マメにシネスイッチ銀座とかシネマライズで観ていた頃の感触がよみがえったりします。

観客層も通かどうかは判りませんが、大人中心で、いかにも映画に熱中していそうな若者が散見される。上映作品はとにかく助かって、今年は幸先の良い「シーモアさんと、大人のための人生入門」から始まりましたし、アップリンクで上映されている作品も果敢に上映、「0円キッチン」が大当たりだったし。もし渋谷で観るとなると泊りがけになってしまいます(「VHSテープを巻き戻せ!」の時)。

KIMG0066 KIMG0083

「マジカル・ガール」が終わって帰る時に感じましたが、夜の本厚木駅周辺はおとなしめで悪くない。横須賀中央という繁華街の深夜を知っているだけにね。ただイオンはやたらと神奈川県にありますな、横須賀、橋本、新百合ケ丘、海老名そして厚木と。こうしてしげしげ見直すと、発見した気になったりして。閑話休題、人が押し寄せると困りますが、新宿や渋谷に行かずに良作に出会える得難い名画座です。

MOVIX橋本

KIMG0075 KIMG0072

最終観賞作「はじまりへの旅」

「her/世界でひとつの彼女」の時に初めて来て、次が「アデライン、100年目の恋」そして2年空いて「はじまりへの旅」で再訪。このサイトのためってのが大きいですかな、川崎、桜木町でも上映しているしね。非TOHOシネマズ系列のシネコンで、松竹マルチプレックスシアターズのひとつ。意味はなさそうだけど「機動戦士ガンダムUC episode 7 虹の彼方に」を上映していた新宿ピカデリーが旗館という位置づけか。

もう全てのシネコンは導入しているチケット券売機、3年前はなかったような。細かいところですけれど、“いつの間にか変わっていた”事。また風景はそれほど変わっていないけど、TOHOシネマズ海老名周辺は違う。少し行くと八王子で、京王線、横浜線、相模線の乗り換えが可能。橋本駅周辺はやたら高いビルが建っていて、見上げるとひっくり返ってしまいそう。

KIMG0078  KIMG0083

上映前の予告は松竹だけに、歌舞伎役者さん(どなたが存じ上げません、すみません)が出てきて宣伝。自社の作品を紹介していて、はたと思いつく。自分のページで確認すると、“日本の大手映画会社といえば東宝だったり、東映だったり、松竹だったり”と認識していたわけだ。それから5年後、ヒットしている「ラ・ラ・ランド」を配給しているのはギャガ(GAGA)、確かHUMAXと接点があったような・・・。

TOHOシネマズ上大岡

KIMG0062.jpg

最終観賞作「ムーンライト」

2010年から2013年までは職場の近くだったから、仕事が終わってよく行ったものだ。今は仕事が夜勤だけに出来ないけど、恐らく公開初日、先行上映などを最も多く観たハズ。重宝したのにナニですけれど、シネコンの行きつけ館ってなぜか作品が印象に残らない。今だとTOHOシネマズ小田原TOHOシネマズ海老名になるんだけど、ページにして記しておかなかったら、区別がつかなかったに違いない。

中心ターゲットはファミリー層で、久しぶりに行って観た「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」「ムーンライト」だったけど、ロビーはチビっ子たちで賑やかだった。ちょっと驚きなんだけど、「ボーダーライン」は上映館が少なくてわざわざ足を運んでいる。他は「しあわせのまわり道」「マクベス」などかな。作品のチョイスでミニシアターは特徴を出していたけど、シネコンは掴めないですね。

KIMG0077 KIMG0069.jpg

古巣のTSUTAYA上大岡店は健在で、ちょっとホッとしますが今後は厳しくなる。もっとも商店街の人通りは、さすが横浜市だけにそれなり。現在住んでいる静岡県駿東郡小山町は、人口も利便性も比較にならないと以前なら思ったけどインターネットが普及した今、果たしてどうなのかな?ま、“住めば都”には違いなくて、もし人の多さを窮屈に感じたら断然ド田舎となるし、トシなもんで日々実感です。

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑